Rebirth ‐ 2015 saitama

「命から生まれた色 光に還る色 」

Rebirth – 2015 saitama
SAITAMA PLAZA NORTH
date 2015
size インスタレーション
technique 二重織・植物染色
material ウール・綿・麻・シルク

自分の生活の中で身の周りに落ちていた木の枝や実、道路に生えている草などを集め、お湯で煮だし、その液を私たちの着ている衣服と同じ素材(綿、麻、毛、絹)にしみ込ませてみた。するとそこからは、驚くような綺麗な色が生まれた。それぞれの色には個性があり、まるで肉眼では感知する事のできなかった植物の命が生まれ変わったような気がした。

私たち人類は”色”を身につける事で自分を飾ったり、社会的な位置を表す為に”色”を扱っているが、もともと”色”が”色”として認知される前は、私たち人類にとって”色”の存在はもっと違った意味合いがあったのではないだろうかと思う。

それは、今の私たちが知る”色”(色名で分類された色の世界)のような、目に見えたままの世界だけでなく、もっと神秘的な存在、すなわち植物が持つ命そのもののチカラであったのだろう。そして、その”色”を身につけるということは、神秘的なチカラをまとう事であり、人々の祈りでもあり、身につけるサプリメントであったのではないだろうか。


制作風景

関連する作品

SAIBAIMAN KOUZO#2
NAMING/群馬
SILK PAPER 2010